【アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2019予想/出走予定馬分析】中山芝2200mで好走歴を持つベテランホースに注目!調教パターンを切り替えてから成績が向上!

競馬予想


f:id:jikuuma:20190114224154j:plain

 

おすすめ軸馬 161戦131勝(131-14-5-11)
勝率81.3%馬券圏内率93.1%

気になる軸馬 173戦137勝(137-17-10-9)
勝率79.1%馬券圏内率94.7%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

先週 日経新春杯&京成杯ダブル的中達成!

馬券回収率254%(馬連3点)

f:id:jikuuma:20190114230025j:plain

f:id:jikuuma:20190114230113j:plain

 

2019年1月20日(日)

中山競馬11レース(15時45分発走)

第60回 アメリカジョッキークラブカップ(G2)

中山芝2200m 4歳以上別定

 

《アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2019のレース展望》

 

1回中山開催のフィナーレを飾るのは伝統のGⅡ戦・アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)!エタリオウとの激しい叩き合いを制した菊花賞で驚異のパフォーマンスを発揮したフィエールマンが待望の復帰戦を迎えるほか、1年前のアメリカジョッキークラブカップを優勝したダンビュライト、中山芝2200mが大得意の4歳馬・ジェネラーレウーノなど、中山芝2200mの条件がピッタリなコース巧者が勢ぞろいしていますけど、馬場がだいぶ荒れた状態になっていますから、荒れ馬場への適性の有無を見極める事が馬券ゲットへの近道になるかもしれません。

 

《アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2019予想オッズ》

 

①人気 フィエールマン   2.2倍

②人気 ジェネラーレウーノ 4.0倍

③人気 ダンビュライト   4.8倍

④人気 サクラアンプルール 7.3倍

⑤人気 シャケトラ     10.5倍

 

《アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2019出走予定馬分析》

 

サクラアンプルール

(牡8歳 父キングカメハメハ・母サクラメガ)

完成度の高い早熟タイプの馬を数多く輩出している種牡馬・キングカメハメハではありますが、サクラアンプルールは5歳の暮れにようやくオープンクラスへと昇級を果たした晩成型のキングカメハメハ産駒で、2017年のGⅡ・札幌記念で待望の重賞初制覇を果たしています。近3走(札幌記念6着・天皇賞秋6着・有馬記念7着)の結果こそ振るいませんけど、今回は近3走よりも相手関係がだいぶ楽になっていますし、前走のGⅠ・有馬記念は不利な大外枠から勝ち馬・ブラストワンピースから0.7秒差の7着というまずまずの結果を残していますので、前走に引き続いて3勝・2着1回の好相性を誇る中山芝コースで戦えるのはもちろん、相手弱化でレース運びがしやすくなる今回は巻き返しがあっても驚けないと思います。

 

ジェネラーレウーノ

(牡4歳 父スクリーンヒーロー・母シャンハイロック)

アメリカジョッキークラブカップと同じ中山芝2200mで行われたGⅡ・セントライト記念で見事な先行押し切り勝ちを決めるなど、中山芝コースで【3-0-1-0】の好結果を残しているコース巧者。前走のGⅠ・菊花賞は9着(勝ったフィエールマンから1.0秒差)に凡退していますけど、芝3000mという距離がやや長かっただけでなく、初の関西圏への長距離輸送を挟む形になった事も敗因に挙げられますから、芝2200mへの距離短縮と長距離輸送を挟まない今回は前走のような情けない結果にはならないのでは?と考えています。今の中山芝コースは差し・追い込み脚質でも上位争いができるフラットな馬場状態になっていますので、キレ味鋭い差し馬勢に負かされる可能性も否定できませんが、中10週以上のローテーションで【2-0-1-0】という結果を残しているように、休養明け初戦から実力を発揮できるタイプですから、レース間隔が空いた状況でも好勝負に持ち込めるはずです。

 

ステイインシアトル

(牡8歳 父ステイゴールド・母シアトルサンセット)

2017年のGⅢ・鳴尾記念で重賞初制覇を決めた能力馬ではありますが、2017年の夏場から順調さを欠く形になってしまい、レースを使い込めない状況でアメリカジョッキークラブカップへの参戦を余儀なくされています。2018年12月半ばから栗東トレセンで入念な乗り込みを重ねているとはいえ、今回は前走から約7ヶ月半の休養明け初戦になりますので、馬体が絞りにくく、万全な状態に仕上げにくい冬場のレースでレース間隔が空いてしまった点はかなり気になりますけど、中40週以上のレース間隔だった前走のGⅢ・新潟大賞典で2着(勝ったスズカデヴィアスから0.1秒差)に踏ん張っていますし、軽快な先行力を武器にしている馬で直線の短い中山芝コースへのコース替わりがプラスに働きそうな今回も軽視できない存在になりそうです。

 

ダンビュライト

(牡5歳 父ルーラーシップ・母タンザナイト)

ネヴァブション(2009年・2010年優勝)以来となるアメリカジョッキークラブカップ連覇を目指す5歳のルーラーシップ産駒。2走前のGⅠ・天皇賞秋の本場場入場直前に放馬のアクシデントに見舞われるなど、所々で制御不能な面を見せてしまうタイプなので、レース当日の気配に注意する必要がありますけど、中山芝2200mの重賞で【1-0-1-0】という上々の結果を残していますから、得意コースに替わる今回は変わり身を期待したいところ。1月9日の1週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.2-37.9-25.4-12.9)で全体2番時計をマークしたほか、なかなかのメンバーがそろっていた前走のGⅢ・鳴尾記念で4着(中山金杯2着・ステイフーリッシュとハナ差)に健闘していますので、レース連覇の可能性も十分あるかと思いますが【●●●●●●●】が多くなっていて、レース運びが安定しない、という弱点がある事を踏まえた上で最終的な取捨選択をしていきたいです。

 

連覇を目指すダンビュライトの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

フィエールマン

(牡4歳 父ディープインパクト・母リュヌドール)

キャリア4戦目で牡馬クラシック最終戦・菊花賞を優勝する、という史上初の快挙を成し遂げた関東のエース格が仕上げの良さに定評のあるノーザンファーム天栄への放牧を挟み、年明けのアメリカジョッキークラブカップで戦列に復帰を果たします。スタートが安定しない馬なので、スタートを失敗して、道中の位置取りが悪くなってしまった場合は案外な結果に終わるかもしれませんけど、キャリア2戦目の500万下・山藤賞(中山芝1800m)で2着に2馬身半差の圧勝を決めているように、直線の短いコースにも対応できる器用さを持ち合わせている馬ですから、休養明け初戦のハンデをもろともしない走りを披露してくれるのでは?と期待しています。

 

《アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2019》

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

坂路主体の調整からWコース主体の調整に切り替えた事で成績が向上しているこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。「右回り<左回り」という傾向が色濃いので、前走からのコース替わりがどうか…という懸念こそありますけど、3年前のアメリカジョッキークラブカップで勝ち馬から0.2秒差の接戦を演じた過去がありますから、中山芝2200mの条件が丸っきりダメ、というわけではありませんし、キャリアを積み重ねた今でも追い切りで活気あふれる動きを見せていますので、前走よりも若干レースレベルが上がった今回でも上位争いに加わる可能性は十分あると思っています。

 

 

おすすめ軸馬 161戦131勝(131-14-5-11)
勝率81.3%馬券圏内率93.1%

気になる軸馬 173戦137勝(137-17-10-9)
勝率79.1%馬券圏内率94.7%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

おすすめ動画


AJCC2019【1番人気分析】フィエールマン【消去データ】5頭

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ

コメント