グレイル 野中調教師「菊花賞おもろなかったなあ」

競馬ニュース


199

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/10/31(水) 20:16:35.22 ID:K3W7f8l40
「おもろなかったなあ」。そう続けた師の言葉のなかにも、何とも言えないくすぶりを感じた。「出の遅さは覚悟していたけど、前半(5F)が1分2秒7ってなあ。 行くはずの馬が行かず、みんなポケットに入ってガツンと引っ掛かって…。あんなに早く態勢が決まってしまったら、ウチの馬はどうしようもない」。 これも競馬。言い訳無用と言われればそこまでだが、このモヤモヤ感はしばらく晴れそうもない。

「能力はあんなもんじゃない。あの(緩い)状態で京都2歳Sを勝つぐらいの馬だし、凡走したレースにも全て理由がある。やはり、あの脚の使い方、そして底力は一流馬特有のものがある。心身ともに課題があり、本格化はまだ先だけど、今後も芝の中長距離をターゲットに大きいところを狙っていきたい」。

 菊花賞の大敗は誰が悪いわけでもない。だが察するに、野中師のはらわたは煮えくり返っていることだろう。最後のひと言が印象的だ。「こういう負け方をすると、人間の感情だけですぐ次のレースに使ってしまいがちやん(笑)。でも、それだけはやってはいけないと思っている。甘やかし過ぎず、それでいて焦り過ぎず。 パンとしたら(大舞台で)絶対に勝負になる馬だから、成長に合わせたローテを組んで大事に育てていきたい」。そのグッとこらえる指揮官の姿に、今後のリベンジを確信した。

一目惚れ、共闘、惨敗…だが、大器グレイルの本領発揮はこれからだ | 競馬ニュース - netkeiba.com
 わずか3戦のキャリアで約3カ月半ぶりの実戦。しかも経験した距離は9Fまで-。関東馬フィエールマンの歴史的とも言える菊花賞制覇で、今年の牡馬クラシックが幕を閉じた。 その翌週の栗東トレセン。真っ先に会… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

続きを読む

Source: 競馬ニュース速報うまなみ

コメント