オジュウチョウサン JCパスで有馬記念に直行 和田正師「武豊騎手に引き続きオファー」

競馬ニュース


41

 2年連続でJRA賞最優秀障害馬に輝き、3日の南武特別(東京)で平地2連勝を果たした“二刀流の絶対王者”オジュウチョウサン(牡7=和田正)は暮れの大一番・有馬記念(12月23日、中山)に直行することが決まった。管理する和田正師が7日、発表した。

 前走後はジャパンC(25日、東京)やスポニチ賞ステイヤーズS(12月1日、中山)を挟むプランも浮上していたが、レース後の疲れを配慮し、大目標の有馬記念に直行する。7日、和田牧場(千葉県)へ放牧に出された。和田正師は「オーナーとジャパンCやステイヤーズSも視野に入れていたが、きのう(6日)までの様子を見ると、レースを使った反動があると感じた。間をパスして疲労を回復させて、しっかり立て直した方がいいと判断した」と経緯を説明した。

 同馬は平地の収得賞金はオープンではないが、有馬記念第1回特別登録を行った出走予定馬で、ファン投票で上位10頭に入れば、晴れて出走がかなう。鞍上について、同師は「武豊騎手に引き続きオファーを出しています。他にもお手馬はいるでしょうけど」と話し、未定となっている。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000098-spnannex-horse

続きを読む

Source: 競馬ニュース速報うまなみ

コメント